"ごいちの仕送り"たのんでみたレポ 〜母の日編〜

お母さんのための“仕送り”

由美子35歳(娘) 貴子 60歳(母)の場合

 

4月のある日、娘が幼稚園で描いたという私の似顔絵を持ち帰ってきた。

 

「まま ありがとう」

 

紙からはみ出すほどの力で描かれたそのカードに、ふふっと笑顔が込み上げる。

私も子供からこんな風に贈り物をされる日が来たのかと

しみじみ感じると同時に、自分の母の顔が思い浮かんだ。

 

「そうか、母の日...」

 

昔から自分の気まぐれでプレゼントをあげたりあげなかったり、ふわっとしていた母の日。

昨年からなかなか実家に遊びにいけない状況が続いて顔も見にいけていないし...うん、今年は何か気の利いたものを送ってあげるか。

 

 

「お花はありがちだし、お手入れが大変...

化粧品や洋服系も好みがわかんないしなあ

は〜〜〜悩ましい〜〜〜〜」

 

そうこうしているうちに、娘のお迎えの時間が迫ってきて

スーパーへ買い出し、夜ご飯の支度、寝かしつけ....

 

これは・・・・

全然、考える時間が、ないやん!!!!

 

「もういいや、適当に商品券でも送ってあげよ」

 

あっという間に心が折れそうになる。

その瞬間、ふと思った。

 

「お母さんも、そうだったんだよなあ...」

 

そう、そうなのだ。

親になるまでわからなかったお母さんの苦労。

なんでも自分のことは後回しで、ご飯もほとんど手作りしてくれていた。

どれだけ家族のことを大切にしてくれていたか

何十年も経ってようやく理解することができたのだ。

 

商品券で好きなものを買ってもらうのも、まあ、ありだとは思うのだけど

なんていうかこう、“私からの気持ちを伝えられる贈り物”を

諦めずに探さなければならない気がした。

 

 

 母になって、母を思う

 

携帯を片手に必死に考えていると

SNSでフォローしていた「Chus」の投稿が流れてきた。

 

【お母さんのための「仕送り」をご用意しました】

 

「ごいちの仕送り」をはじめたという投稿は何回かチラ見していたけれど

母の日のセットが登場していたのか!!

 

 

“自分の時間を大切にして欲しい”思いを込めて

時間をかけずにささっと作れる料理のセット

ほっと一息つけるおやつタイムのケーキと紅茶

肌に優しい洗顔石鹸もラッピングされて入っているらしい。

 

「これは、ぴったりすぎるのではないか! むしろ、私が欲しい。」

 

今まで悩んでいたのが嘘のように、即決で注文ボタンを押した。

 

恥ずかしくて伝えられない感謝の気持ちも

“代筆”という形でごいちさんにお願いして、この仕送りに託してみようと思う。

 ※代筆をご希望の方は、注文時にヒアリングフォームにメッセージをご記入ください。

 


◎入っているもの(ごいちのおすすめポイント付)

 


 

・野菜ドレッシング(てまひま工房REN):330ml

栃木県産の野菜を厳選して作ったドレッシング。無添加、化学調味料不使用なので、素材本来の旨味を感じることができますよ!

・フルーツジャム(Jamおばさん):100g

自家農園の野菜をメインに、出来るだけ農薬を使わずに育てられた素材を使用。糖度が控えめで、優しい味わいのジャムです。

 

・ドライフルーツティー(Vamos):2袋

自然豊かなエクアドルの地で育った完熟フルーツを、新鮮なうちに現地で加工した無農薬(一部有機農法)・無添加・砂糖不使用のドライフルーツを使用したドライフルーツティー。いつもとは一味違うティータイムをお楽しみください。

・Chusの自家製ミートソース:2人前

とちぎ和牛の旨味を生かしながらもお子様も食べやすい味付けにしております。お好みで調整していただければ、ご家庭でも美味しくお召し上がりいただけます。

 

・Chusの自家製ガトーショコラ:2人分

Chusのお店でもご提供しているケーキをご自宅でも! カカオ豆と砂糖のみで作るUSHIO CHOCOLATL」のビーン・トゥ・バーのチョコレートを使用し、中はしっとり、ちょっぴりビターで濃厚な仕上がりに。

 【美味しい食べ方】

食べる前に常温に戻して、トースター(なければレンジ)で2分程度リベイクしていただくと、口どけがよく美味しいガトーショコラをお召し上がりいただけます。

※画像はイメージです。仕送りごとに野菜の内容が変わります

 

・那須のお野菜セット

那須の旬の野菜を詰め込んだお野菜セット。そのときに一番美味しい野菜をお届けします。那須の自然が育んだみずみずしい味わいをお楽しみください!


 

 

母と娘の思い合い

 

仕送りを頼んで数日ーーー。

母から丁寧に感想が送られてきた。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

素敵な贈り物、有難う

珍しいもの、美味しいものがたくさん入っていて驚きました。

ひとつひとつに手書きの付箋がついていて

どんなものか分かりやすかったし、温かさを感じたよ。

 

代筆のお手紙も、口下手な由美子の

優しい気持ちが伝わって本当に嬉しかったです。

 

チョコレートのケーキは、お父さんに内緒で食べちゃいました。

 

 

パスタとサラダも、簡単に作れて助かりました。

(お父さんが「日頃の感謝を」と言って作ってくれたよ)

 

 

お父さんと二人になってから、ご飯は適当に済ませることが多かったので

 久しぶりに美味しく楽しい夕食の時間になりました。

 本当に有難う。

 

 

きっとあなたも毎日大変な日々を過ごしていると思います。 

自分の時間を大切に、そして家族を大切にこれからも頑張ってください。

また必ず、元気で会おうね

 

貴子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

お母さんの言葉のひとつひとつを

しっかりと心に刻むように何度も読み返した。

 

「ありがとう」とか「大好き」とか

自分の気持ちを伝えることがとにかく下手な私だったけれど

なんていうか、言葉以上の思いを「仕送り」に込めて届けられた気がして

本当に本当に嬉しかった。

 

 

温かい気持ちが、胸いっぱいに広がってゆくー。

 

 

 

ーーーピンポーーーン

 

 

 

「お届けもので〜す」

 

 

お母さんから「ごいちの仕送り」が届いた。

 

「これ、本当は由美子も欲しかったでしょ?」

 

これはこれは

まだまだ、お母さんにはかなわないなあ(笑)。

前へ